勝手に閉店にされるかも!?Googleマイビジネスのオーナー登録をしないリスクとは

「ホームページも持っていないし、Googleマイビジネスはまだ先で良いかな…」と思い込んでいませんか?実はGoogleマップなどのお店情報は、誰でも変えられるようになっています。最近、営業情報や住所などを知らない間に書き換えられているトラブルが増えているそうです。今回は、Googleマイビジネスを放置することで起こったトラブルと対処方法について紹介します。

Googleマイビジネスの店舗情報で実際に起こったとされるトラブル

Googleマップの利用者が増える一方で、店舗のGoogleマイビジネス情報を知らない間に書き換えられているリスクが高まっています。

 

Googleマイビジネスでできること

実はオーナー登録されていない店舗は、Googleマップ上で判別可能。悪質なユーザーからすると「バレにくい」と思われるリスクが高くなります。またユーザー側の画面では「変更箇所が表示されない」ため、よほどその店に詳しい人や関係者でなければ変更されたこと自体に気が付きません。

オーナー登録をしていると更新提案が通知されます

オーナー登録をしておくと、管理画面上で「更新の提案」が承認制になります。管理画面上で「どの部分」「どんな修正」を受けたのかが分かるようになり、破棄・更新することが可能になります。

 

オーナー登録をしている場合でも、更新提案を長期間「放置」していると「無視した」とみなされ、更新提案が反映されてしまう場合があります。通知の確認や定期的な管理画面の確認をおすすめします。 「無視する期間」については決まっていないようですが、1か月程度が多いそうです

オーナー登録していない場合、ユーザーやGoogleからの提案がそのまま通ってしまう可能性が高くなります。そのため「閉業」や「住所が違う」などの悪質な嫌がらせを受けやすくなります。勝手に住所の末尾を変えられたりするだけで、お客さんがお店にたどり着けなくなってしまうかもしれません。

Googleマイビジネスのオーナー登録の方法については、こちらの記事で紹介しています。ぜひ、あしたの商売繁盛にご活用ください。

Googleマイビジネスとは?地域のお店はGoogleマップで上手に集客してみませんか?

2018.12.18