【前編】印刷のプロに、チラシの紙の選び方を聞いてみた!意外と知らない紙質の知識について

チラシの紙選びなんとなくやっていませんか?聞いたことある・安いだけで選ぶのはもったいないかも。今回は、印刷業界30年の北斗印刷株式会社さんに、前後編に分けて、紙質の基本知識や選び方のおすすめを伺ってきました。紙の種類や厚さでいつもお悩みの広告担当者様必見です!

定番の紙質「コート紙」「マットコート紙」「上質紙」について

― まずは販促物によく使われる定番の紙について教えてください

「定番の紙は『汎用紙』といわれる『上質紙』『マットコート紙』『コート紙』の3つです。それぞれ作り方が違い、コピー用紙などでも使われるものが『上質紙』、コーティングを施したものが『コート紙』、マットコーティングを施したものが『マットコート紙』となっています」

― それでは加工が少ない上質紙が一番安いのでしょうか?

「実は、いまは上質紙・コート・マットコートで価格はあまり変わりません。紙の価格は、需要と供給のバランスで決まります。いまは、コートとマットコートの需要が高く、製紙メーカーもバランス生産しているので、結果的に価格が変わらなくなっています」

「バブルの時は、派手なデザインが活きるコート紙の人気がありましたが、いまは同じくらいマットコート紙も人気です。用紙の品質向上と印刷技術の発達で、マットコート紙でもキレイな発色が得られることと、派手でギラギラしたデザインより、落ち着いた雰囲気が好まれる傾向が増えてきた影響ですね」

販促物の紙の選び方のポイント

― 値段で違いがないとすると、どのような基準で紙選びをしたら良いでしょうか?

(コート紙とマットコート紙を並べてみました)

▲コート紙の方が山の発色が鮮やか、マットコート紙の方が自然な肌色に見えます

「紙の特徴を簡単にまとめますと、上質紙はすべりにくいので『書籍やスタンプカード、メッセージカードのような書く販促物向き』です。

コート紙は発色がよいので『写真を目立たせたい場合や再現性を求められるデザインやジャンルの販促物向き』です。ただし、その分、傷や傷みが目立ちます。また、ライトなどに反射しやすいので、設置場所によっては”見えづらい”と思われることもあるようです。

マットコート紙は、自然な仕上がりになりますので『落ち着いたデザイン・キズや光の反射をおさえたい販促物向き』です。マットコート紙は、キズが目立ちにくいので、コート紙より多くのシーンでは使われることが多いです。印刷技術の発達で、以前に比べて、マット紙もコート紙も発色では、差が少なくなってきました。価格でも違いがないので『迷ったらマットコート紙』をおすすめします」

定番以外の紙質の特徴

— 他にはどんな紙が使われていますか?

「いまは紙不足なので代替紙として微塗工紙(びとこうし)や嵩高紙(かさだかし)なども使うことが増えてきました。微塗工紙は、マットコート紙に近いですが、汎用紙にない『ざらっとした』手触りや風合いがあります。またインキがのった部分が若干光沢が出るという特性があります」

「嵩高紙(かさだかし)は、通常の紙に比べて、紙に含まれるパイプの密度が低く、軽くなります。厚いのに軽く、ふんわりした手触りなので、冊子に使われることが多いですね。汎用紙に比べて、若干割高にはなりますが、紙不足の時代なので、この機会に、このような紙も検討してみても良いと思います」

— ほかの紙といえば「再生紙」はどうなんでしょうか?

「実は、いま、再生紙はあまり使われていません。確かに一時期『環境に配慮している』ということで、再生紙がもてはやされた時代がありました」

「しかし一部のメーカーが『再生紙比率をねつ造していた』ということが分かり、社会問題となりました。実は、再生紙の生産コストは、汎用紙に比べて割高です。古紙回収コスト、溶かして漂白するコストが乗ってくるためです。そのため2019年から、大手製紙メーカーは生産を止めました。いまはオーダー生産しか行っていないようです」

紙不足って本当?チラシが作れなくなるかもしれない現状を取材してきました

2019.04.05

前編のまとめ

  • 上質紙・マットコート紙・コート紙で値段の違いはあまりない
  • 写真メインならコート紙。落ち着いたデザイン・光の反射をおさえたいならマットコート紙。書く(必要のある)販促物(書籍やスタンプ、メッセージカードなど)なら上質紙。迷ったらマットコート紙
  • 紙不足のいま、代替紙の微塗工紙や嵩高紙も検討の一つに

【後編】もう迷わない!チラシの紙の選び方。印刷のプロに実際に紙を選んでみてもらいました

2019.05.20

 

チラシの紙選びなんとなくやっていませんか?聞いたことある・安いだけで選ぶのはもったいないかも。紙の種類や厚さでいつもお悩みの広告ご担当者様、こちらのチラシの効果を上げる記事と合わせて、ぜひあしたの商売繁盛にご活用ください。

そのチラシ、実はもっと反響出るかも!?意外と知られていないレスポンスデバイスの活用法

2019.03.26

「物語」を使った広告の効果と作り方

2019.02.04